あなたの乗りたいクルマはどんなクルマですか? クルマを自由に選べる喜び!あなたの乗りたいクルマを豊富な福祉車両改造の経験と技術で貴方だけの福祉車両に改造します        |後装着回転シート|手動運転補助装置|補助ステップ|スロープシステム|昇降リフト装置|福祉車両改造|

広島県 岡山県の福祉車両、介護車両の改造専門店|広島県オートフォーラム

福祉車両改造事例 ダイハツ タントカスタム車いす収納装置(カロリフト40)

投稿日:

岡山、広島でクルマを自由に乗れる当たり前を!
「車いす収納装置」という製品を紹介します

選択要素 簡易電動車いす 車いす収納 自分で車い収納 重い車いす

毎年東京幕張ビックサイトで開催されます

HCR(国際福祉機器展)の会場にわざわざ、
お越し頂いたお客様からのご依頼で
ダイハツタントをベースに車いす収納装置

スウェーデン・オートアダプト社製

「カロリフト40」を取り付けさせていただきました

このおクルマはお客様ご自身が
車いすの収納を行い手動運転装置で
運転するために製作しました。
外出の際にご使用になられる車いすは
ヤマハのJW1型の簡易電動車いす。
この簡易電動車いすは
普通の車いすにモーターユニットと
バッテリーを取り付ける構造で
重量が30kg~35kg以上はあるため
男性が持ち上げるのも大変です

スウェーデン国オートアダプト社の
車いす収納クレーン「カロリフト40」は
最大吊り上げ能力がMAX40kgの性能
通常はクルマの後部カーゴスペースに
取り付けますが今回のタントは
左側が電動スライドDrのため
運転座席からドアを開閉して
セカンドシートの足元に車いすを収納します
最近はこのご相談が多くなりました。

もうお気づきの方もおられると思いますが
タントの右側スライドDrの開口幅は
カタログデータ上595mmです。
約60cmの狭い開口幅に
折りたたみ式車いすを収納する場合、
大きな問題がございます

支柱を中心に回転軌跡を描く
水平アームのを長くすると
車いすを吊り上げるための先端部が
ドアピラーに当たり車椅子を
収納できません
「カロ40」は水平アームの中央部が
人間の腕のように折れ曲がので
この様な狭い空間にも
水平アームを出し入れできます。

今回新型「タントカスタム」のような
ハイト系ワゴンのクルマは
ほかにもこんな利点があります。

吊り上げロープの最大幅(高さ)を
地面から測定すると約140cm

ドアの踏み込み部の床面高さ
約38cm程度・・・
140cm-38cm=102c
つまり高さが90cmくらいある
やや大きめの車いすでも
余裕で収納できますね
実際、おクルマを納車した際に
お客様の車いす収納も
2回ほど練習したらスムーズに
収納できました。

お客様のお身体と環境

福祉車両はお客様との対話から生まれます

 

Copyright© 広島県 岡山県の福祉車両、介護車両の改造専門店|広島県オートフォーラム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.